概要・取り組み

HOME > 感染制御部について > 概要・取り組み

概要

院内組織図

平成26年4月より、安全管理対策室感染対策部門は、新たに感染制御部として改組しました。
院内感染対策への関心は非常に高く、国の政策的にもその充実が求められています。
本院は日本感染症学会認定研修施設、第一種・第二種感染症指定医療機関、エイズ中核拠点病院であり、様々な感染症の対応や、院内感染対策のさらなる質の向上に向け取り組んでいます。
感染対策は、医療機関に関わる全ての人が行わなければならないものであり、そのためには平常時の教育・啓発活動、現場の業務改善が重要となります。
またアウトブレイクを早期に感知し、最小限にするためにサーベイランス体制を充実また強化し、臨床現場のラウンドを日常的に行っております。
感染制御部には、感染症専門医・感染管理認定看護師をはじめ、薬剤師や検査技師など多職種のメンバーが所属し、それぞれの専門性を活かしてこれらの活動を進めています。
抗菌薬ラウンド・カンファレンスでは、広域抗生剤処方につき直接的な介入を実施し院内の適正な抗菌薬使用の推進を行っております。
また、地域レベルでの感染対策の充実を図るため、地域の医療機関と連携し合同カンファレンスの開催やコンサルテーションを実施しています。
これらに加え感染管理院内認定コースの開講や、また、平成26年からは医師向けの感染プログラムを新たに開講し、感染対策を担う人材の養成に努めています。
これからも感染制御部は、院内の感染予防と職員の健康管理を行い、患者さんに安心・安全な医療を提供することを目標に日々活動していきます。

院内組織図

院内組織図

院内組織図

感染対策のための組織図

感染対策のための組織図

取り組みについて

感染対策のための組織図

ページのTOPへ